Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ
TOP 水産物加工品              
水産品加工品について
うなぎの蒲焼 西山蒲鉾店 紀州高下水産 中井水産
灰干しさんま 釜揚げしらす まるとも海産 濱辰
太平洋に面している和歌山県では、昔から漁業が盛んでした。特に近海でとれる”エソ”や”グチ”といった魚を使った蒲鉾や、四国で行われていたわかめの灰干しを応用した”さんまの灰干し”の技術、近海でとれる鯛やしらすなどを使った美味しい海産物、それらを加工した蒲鉾や近年注目されているアカモクなどを全国の皆様にお届けします。
なんば焼・ごぼう巻について 紀州灰干しについて しらすについて

なんば焼は江戸時代末期にたな梅さんが考案した”焼き蒲鉾”です。
元々日持ちのしない魚を流通が不便だった時代に運ぶために考案された”くずし”(魚の身をくずして焼き固めたもの)です。
製法は南蛮渡来とも言われ、「なんば焼」という名前になったという由来があります。
ごぼう巻は、そのなんば焼に使う蒲鉾の身を使ってごぼうを繋ぎ、魚の皮で巻いて焼き上げ、タレで漬け焼きしたものです。魚の皮には旨味が凝縮しており、それを余すことなく使った逸品です。

和歌山県は江戸時代からさんまの食文化がありました。また、昔から干物を作ることもありましたが、和歌山の対岸にある四国鳴門では「灰干しわかめ」を作る製法があり、これを魚の干物に応用したのが「灰干しさんま」です。
水分を通すセロファンで魚を包み、不織布で包んだ状態で上下から灰でサンドイッチにすると、魚の余分な水分だけが灰に移り、空気に触れることなく乾燥されます。このように乾燥させると、臭いの少ないしっとりとした柔らかい干物を作ることが出来ます。
また、さんま以外にもこの灰干しは応用でき、灰干しだけでなく備長炭を混ぜた「紀州備長炭干し」も開発され、より魚の臭みが取れた極上の逸品も作られています。

県中部にある「湯浅町」は、温暖な気候と良質な水に恵まれた自然豊かな場所です。その豊かな自然の恵みにより、しらすの水揚げ量が県下一を誇っています。また、この地域の食堂が提供している「しらす丼」は、”わかやまご当地グルメ30選”にも選ばれています。
漁港では毎日のようにしらすが水揚げされ、それを即工場に持っていき、新鮮な状態で釜揚げされます。
このまま食べるのも良し、天日に干してちりめんにするもよし、醤油と山椒で煮炊き、ちりめん山椒にするもよし。絶品の「ご飯のお供」をお届けします。

取扱店及び商品はこちら
紀州漁彩 橋本市にある”めしの素”を作っているお店です。ご家庭の炊飯器でいつも通りに炊くだけで、まるで料亭の味を再現できます。
西山蒲鉾店 印南町にあるなんば焼とごぼう巻の専門店です。大正14年創業の老舗で、和歌山近海で獲れた「エソ」や「グチ」を材料に、極上の蒲鉾を提供しております。
紀州高下水産

「紀州備長炭干し」の専門店です。のどぐろや金目鯛などを備長炭干しにすることで、さらに旨味をアップさせた干物を作っています。

中井水産 和歌山市にある灰干しさんまの専門店です。ベストな乾燥具合を得るために独自配合した灰を使い、店主のこだわりを詰め込んだ作り方で極上の灰干しさんまを提供しています。
まるとも海産 湯浅町にあるしらす専門店です。近海で獲れたしらすを即釜揚げにし、急速冷凍することで”新鮮な釜揚げしらす”を提供しています。その他にも天日干しちりめんやちりめん山椒もご提供しております。
濱辰 和歌山市で一番歴史のある蒲鉾店です。お目出度い時や大切な方にお届けしたい、最高級の蒲鉾を製造しています。
和歌山淡水 和歌山市にあるうなぎの蒲焼専門店です。国産のうなぎを厳選して加工し、販売しています。
紀州日高漁協 御坊市にある漁業協同組合です。由良町で発生していたアカモクを食べやすいように加工して販売をしています。
お問合せ

2018-2019©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.