7月11日は「ラーメンの日」です

ラーメン屋
ラーメンの日が出来たワケ
ラーメンイラスト

ラーメンの日は、2017年に「ラーメン産業の振興・発展とともに日本独自のラーメン文化を支えるのを目的として、日本ラーメン協会が制定しました。7月11日になった理由は、「7」をレンゲ、「11」を箸に見立てたことと、日本でラーメンを最初に食べたとされる水戸黄門「徳川光圀公」の誕生日(新暦の1628年7月11日)からだそうです。

ラーメンは日本食?
チャーシューメン

日本の国民食とも言えるラーメンは元々は中国の料理っぽい感じですが、現在の日本で食されているラーメンは、中国では「日式拉麺」と呼ばれています。アメリカなどでも「Ramen」と呼ばれ、日本食として親しまれています。
中国でいう「拉麺」とは、小麦粉を練って引っ張ったものを指し、すなわち「麺だけ」を表す言葉です。スープを入れた汁そばすべてを「湯麵(タンメン)」と言います。日本のタンメンは「野菜と豚肉を炒めてスープで煮込み、中華麺を入れたもの」なので、意味合いが違いますね。
ちなみにインスタントラーメンも日本発祥で、今では海外でインスタントラーメンが発売されています。ちなみに香港では「出前一丁」が大人気で、スーパーやコンビニで20種類以上のフレーバーが販売されているのを見かけたことがあります。タイでも様々なメーカーがインスタントラーメンを出しており、トムヤム味やムーサップ味など、日本ではなかなか食べることのできないものがスーパーの陳列棚にたくさん並んでいます。食べたことありますが、美味しいのでびっくりです。

徳川光圀公とラーメンについて
水戸黄門御一行

学者肌で非常に好奇心が強いことで知られている徳川光圀公ですが、中国の明から亡命してきた儒学者の「朱舜水」に学ぶことで外国の文化を積極的に取り入れたと言われています。その中に中華麺も含まれていたと言われ、この事から光圀公は日本で最初にラーメンを食べた人物と言われています。
茨城県水戸市で販売されているご当地ラーメン「水戸藩ラーメン」は、光圀公が食べたとされるラーメンを再現しているそうですよ。麺にはレンコンの粉を練り込み、「五辛(ニラ・にんにく・ラッキョウ・しょうが・ネギ)」を薬味として添えるのが特徴だそうです。

和歌山ラーメンの歴史

こちらに書いているのでご興味のある方は見てくださいね。スーパーなどでも麺だけの商品が売っているので、鶏がらスープと中華スープの素でも美味しいラーメンが作れますよ。隠し味を入れてオリジナルのラーメンも面白いかも知れませんね。

お買い求めはこちらから

柏木製麺所ラーメン
柏木製麺所
和歌山ラーメン2食入

680円(内税)

麺彩ラーメン
麺彩工房ふる里
和歌山ラーメン豚骨醤油味

270円(内税)

中華スープの素
花野食品
中華スープの素

648円(内税)