ひょうたんとは?

ひょうたんとは植物であり、原産地はアフリカです。様々な品種があり、5センチメートルぐらいのものから2メートルを超える大物もあります。
植物ですが食用には向いていません。苦み成分であるククルビタシンを含有し、嘔吐・下痢等の食中毒症状を起こします。ちなみにかんぴょうの原料であるユウガオもひょうたんと同一種ですが、ユウガオはククルビタシンの少ない品種を選別した変種です。

ひょうたんの用途

食用に向いていないひょうたんは、果肉部分を除去して乾燥させたものが、水筒として使われていました。これは乾燥させたひょうたんは多孔質であるため、少しずつ外に染み出し、気化熱が奪われることによって中身が気温より低く保たれる性質を利用したものです。
日本の神道ではひょうたんの「中に神が宿る縁起物」とされ、写真のようなものや、神社では破魔矢や御守、絵馬などに付けられるものもあります。また中国の風水では「邪気を払う力が宿る」とされ、幸運を招く御守として玄関にかけたり、携帯することで邪気を払うと言われています。
その他にも海外では楽器や浮きなどにも用いられています。

上富田町とひょうたん

ひょうたんは上富田町の岡地区で50年ほど前から栽培されています。時代が変わり、今ではひょうたん自体を見たことが無い人も多いかも知れませんが、それを逆手にとってあえて「ひょうたん」に目を付けたのが上富田町。さらに公式ゆるキャラの「ひょうたんせんぱい」までいます。ちょっとシュールな外見のひょうたん先輩ですが、それがいい所…らしいですよ。
そんなゆるキャラと町の木「やまもも」をコラボさせた商品もあります。

お買い求めはこちらから

KumanoBerry

熊野やまももどろっぷ

540円(内税)