和歌山観光について

①エリアは大きく分けて「紀北」「紀中」「紀南」に分かれています

紀北:県庁所在地である和歌山市を中心としたエリアで、和歌山城をはじめ、たま駅長で有名な貴志駅、高野山などがあります。
紀中:醤油発祥の地と言われている湯浅や紀州南高梅で有名なみなべなどがあるエリアです。
紀南:日本一パンダの多い動物園として有名なアドベンチャーワールドや、白浜温泉、世界遺産になっている熊野三山などがあるエリアです。

②観光ならレール&レンタカーが圧倒的に便利です

和歌山は県の面積の約7割が山地であるため交通の便が良くないことで有名です。そのため地元民の主な交通手段は「自動車」です。

黄色く塗った部分に鉄道・高速があり、海側と紀ノ川筋に交通網が集中しているのが分かります。また、JRは1時間に3本程度の運行(特急電車を含めて)で、和歌山電鐵貴志川線・紀州鉄道には特急電車や快速電車はありません。またバスを使う人も少ないため本数も限られます。
そのため熊野三山や龍神などに観光に行く場合は、最寄りの主要駅まで電車で移動し、そこからはレンタカーでの移動がおススメです。関西空港及び主要な駅にはレンタカー営業所がありますので、確認の上ご利用ください。
新大阪からJR和歌山駅までは特急電車で約1時間、快速電車ですと約1時間40分です。和歌山から新宮までは特急電車で3時間強かかります。移動の目安にしてくださいね。
関東方面から新宮に行く場合は、本数は少ないですが名古屋駅から特急電車「ワイドビュー南紀」で約3時間30分です。

③高野山に電車で行くなら、南海高野線もおススメです!

高野山に行くのもレンタカーでも良いのですが、もし電車を使う場合は、大阪方面からであれば一度和歌山市に出るより、大阪(なんば)から南海高野線で行くのが圧倒的に速く本数もあるのでおススメです。また、橋本駅からは観光列車「天空」(座席指定券:大人520円・子供260円、自由席は指定券不要ですが普通の車両です)もあり、一日2往復のみの運航(3月~11月の土・休日は3往復)ですが、時間が合えば予約をしてみるのもいかがでしょうか?
和歌山から行く場合は、和歌山線に乗って「橋本駅」まで行き、そこから南海高野線に乗り換えが出来ます。
関西空港から行く場合は一見遠回りに見えますが、空港から南海線に乗って天下茶屋から南海高野線に乗り換えるのが最も安く、本数も多く便利です。(約3時間かかりますが、和歌山駅経由より早く着きます。)

④高速道路/自動車専用道路が延伸、トンネルも開通しました

まだ工事中の部分もありますが、阪和自動車道・湯浅御坊道路の4車線化、京奈和自動車道・紀勢道の延伸により京都・奈良から高野山へのアクセス、紀南地方へのアクセスがとても良くなりました。
また、国道480号線の鍋谷峠トンネルが2017年に開通しました。トンネル開通前にも道路はつながっていたのですが、とても国道とは言えないぐらい険しい道でしたが、今ではとても走りやすい道路となり、大阪府和泉市から和歌山県かつらぎ町まで約30分で行くことが可能になりました。
かつて紀南地方はアクセスの難しさから「陸の孤島」と呼ばれ、東京から最も時間のかかる本州の地と言われていましたが、今では京阪神からであれば日帰りすることも不可能ではありません。名古屋からも紀勢道が尾鷲まで延伸しており、名古屋から新宮まで3時間ほどで行くことが可能です。
高野山へは京奈和自動車道のかつらぎ西I.C.で降り、南に向かって進み、国道480号線を上ると比較的楽に行くことが可能です。海南から国道370号線を登るルートや、有田から国道480号線を登るルートもありますが、時間はかなりかかりますので覚悟してください。
京奈和自動車道の和歌山区間には「かつらぎ西P.A.」、阪和自動車道・湯浅御坊道路・紀勢道の和歌山区間には「紀ノ川S.A.」「吉備湯浅P.A.」「印南S.A.」「道の駅くちくまの(上り線のみ)」があり、それぞれ地域の特産品の購入をすることも可能です。

⑤飛行機でのアクセス

空港位置関係

南紀白浜空港は東京(羽田)からの便しかありませんが、観光地が近いところにありますので場合によっては便利かもしれません。レンタカーも空港で借りることが出来ます。
関西国際空港から和歌山市までは電車で40分ほどです。国際空港ですが国内便も就航している(ANA、JAL、Peach、スターフライヤー、ジェットスターなど)ので、特に紀北方面に観光に行く方には便利です。
なお、国内線の本数が多い空港で一番近いのは伊丹空港(大阪国際空港)で、モノレール+地下鉄+特急電車でJR和歌山駅まで2時間ほどです。

⑥熊野古道は県内全域に広がっています

中心となるエリアは紀南地方の「大辺路(田辺~串本~熊野三山)」「中辺路(田辺~熊野三山)」「小辺路(高野山~熊野三山)」ですが、「高野山町石道(九度山~高野山)」「紀伊路(大阪~田辺)」、「大峯奥駈道(吉野~熊野本宮大社)」「伊勢路(伊勢神宮~熊野三山)」もあり、大阪から三重(伊勢)にかけて広くつながっているのが熊野古道です。すべてを一日で回るのは至難の業ですので、行くところを絞るか、余裕の持った日程を組みましょう。