Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップを紹介するバナー

おむすびの日

1/17は「おむすびの日」です。お米が収穫出来る時期ではないこの1月に、なぜお米に関する「おむすび」の記念日が制定されているのでしょうか?
これは1/17に発生した阪神淡路大震災がきっかけです。
寒く厳しい時期に避難生活を強いられた人々に配られたのが、すぐにどこでも食べることが出来る”おむすび”。被災者のために炊き出しをしたボランティア精神を忘れないためや、ボランティアによるおむすびの炊き出しが人々を大いに助けたことからいつまでもこの善意を忘れないようにしようという事から制定された記念日です。
この記念日は1995年に発生した阪神淡路大震災から5年後の2000年に「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が制定し、現在では公益社団法人米穀安定供給確保支援機構がその理念を引き継いでいます。
さて、おむすびと言えば中に具を入れることが多いですね。一般的に人気なのは、

  • 鮭(日本人の朝食のイメージ)
  • ツナ/ツナマヨ(リーズナブルかつ味がしっかりしている)
  • 明太子/辛子明太子(辛さと旨味がご飯のお供として最適)
  • 梅(昔ながらのおむすびのイメージ)

などが挙げられます。時代によって具の好みは分かれるみたいですね。
わかうまショップでもご飯のお供に最適なものがあるので、ぜひおむすびの具として使ってみて下さいね。

お問合せ かつらぎ町商工会の住所

2018-©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.