Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ

和歌山ラーメン

1990年後半頃からブームに火が付いた和歌山ラーメンですが、2種類あるのはご存知でしょうか?

和歌山ラーメンの歴史

和歌山ラーメンの始まりは、かつて存在した和歌山市電の停留所周辺に出ていた屋台ラーメンからです。戦前にも屋台の中華そば屋があったそうですが、戦後になると特に多くの屋台が見られるようになりました。その中でも当時一番の繁華街だった、市電の車庫があった「車庫前駅」の周辺には多くの屋台が競い合うように並んで賑わっていたそうです。ラーメンのスープは澄んだ醤油系の味で、これが地元では一般的な和歌山ラーメン(中華そば)です。醤油の産地である湯浅がある事と、材料となる豚骨や鶏がら、魚介類が仕入れやすかったためと言われています。最近では後述する「濁った豚骨醤油味」のものも増えてきました。
1971年に市電は廃線となり、車社会が進んだこともあって、今では屋台の多くは店舗を構えて営業をしています。

和歌山ラーメンの味は2系統ある

一つ目は最初に紹介した「澄んだ醤油系」ですが、和歌山ラーメンにはもう一つ、「濁った豚骨醤油味」があります。これは元々は同じように澄んでいたスープを店主が目を離した間に煮詰まってしまい濁ってしまった事が始まりです。この濁ったスープが濃厚で美味しかった事から今日までこのラーメンが続いています。テレビ等で紹介されたことや、進出したラーメン屋のスープが濁った豚骨醤油系であったこともあり、歴史的にはいわゆる「澄んだ醤油系」のほうが先ですが、関東の方で和歌山ラーメンとして提供されているものは濁ったスープのものがほとんどのため、一般的には「和歌山ラーメン=濁った豚骨醤油味」と認識されています。

新しい味も増えてきています

和歌山らしい味のラーメンとして、名産品である梅を使ったラーメンや、紀州備長炭を練りこんだラーメンなども出てきています。当店では濁った豚骨醤油味と梅塩味のラーメンをお届けしています。

     
5p
10p
5袋セット 10袋セット
2種類の味から5袋お選びください 2種類の味から10袋お選びください
1,350円(税込) 2,700円(税込)
     
お問合せ かつらぎ町商工会の住所

2018-©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.