Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップを紹介するバナー

道の駅の日

道の駅の日は4月22日です。道の駅に関する情報交換、相互連携などを行い、道の駅の質とサービスの向上に努めている、一般社団法人「全国道の駅連絡会」により制定されました。2020年1月31日に制定された、とても新しい記念日ですよ。
「道の駅」間の連携強化や各駅の販売促進、さらなる活気を呼び込むことを目的として制定されました。また、4月22日~4月28日の1週間は「道の駅週間」とされています。
そもそも道の駅とは、日本の各地方自治体と道路管理者が連携して商業施設や休憩・宿泊施設、地域振興施設などをひとまとめにした道路施設の事です。正式に道の駅が始まったのは1993年からだそうです。
道の駅の機能として重要なのは

  • 道路利用者のための「休憩機能」
  • 道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」
  • 道の駅を核にしたその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」

の3つの機能を併せ持っている事です。
2020年3月13日現在では全国に1,173駅あり、和歌山県内には35駅(うち1駅は2020年内にオープン予定)、その内このかつらぎ町には3駅(かつらぎ西、串柿の里、紀の川万葉の里)があります。
かつらぎ町商工会はこの3駅のうちの1つ、京奈和自動車道のかつらぎ西下り線P.A.内にある「道の駅かつらぎ西」のアンテナショップを運営しています。アンテナショップでは地域の新鮮な野菜・果物だけではなく、和歌山県内の業者さんが製造・生産する商品も取り扱っております。
昔から高速道路にはサービスエリアやパーキングエリアはありましたが、一般道路には民間のドライブインぐらいしか無く休憩する場所が少なくて大変でしたが、24時間無料で利用できる駐車場やトイレなどがある道の駅が増えていることでドライバーのためにも、地域の活性化のためにも活用されているんですね。

お問合せ かつらぎ町商工会の住所

2018-©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.