Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップを紹介するバナー

新茶の日

立春から数えて88日目になる5月2日(うるう年の場合は5月1日)は「八十八夜」と知られています。気候が暖かくなりはじめ、霜が降りなくなって春の終わりを告げる時期でもあり、この日に積んだ新茶は春のすべての気が満ちている間に育ったお茶は生命力の詰まった長寿のお茶と言われ、特に上等なものとされています。元々薬として使われていたこともある新茶をいただく事でその年は無病息災になるとも、長生きをするとも伝えられています。日本のお茶の始まりは、平安時代に中国へ留学していた僧がお茶の種を持ち帰ったことが始まりと言われています。

この5月1日を「新茶の日」と制定したのは静岡県掛川市にあるお茶を扱う山啓製茶の山啓会さんで、新茶の試飲や販促活動をされているそうです。
お茶といえば静岡・京都、というイメージがありますが、実は和歌山にもお茶の名産地があります。それがリゾート地、パンダで有名になった「白浜町」です。とはいえ同じ白浜町でも海沿いの方ではなく、山間部の方になります。
美味しい茶葉が出来る条件は、「冷涼な気候であり霜が付きにくい」ことと、「1日の寒暖差が大きい」事が挙げられます。
日照時間に関してはどちらにも利点があり、長いと抗菌作用を持つカテキンが増加するため苦みの強いお茶になります。逆に日照時間が短いとテアニンが増加し旨味のある茶葉になります。
白浜町の市鹿野(川添地区)は山間の場所にあり、一日の寒暖差が大きく日照時間が短い所です。そこで川添茶は生産されています。日照時間が短いため、静岡式青還流の手もみ製茶技術を利用した浅蒸しの甘いお茶に仕上げています。

お問合せ

2018-©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.