Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ
和歌山の柿

和歌山の柿の生産量は全国1位です。特に渋柿(平核無:ひらたねなし)の生産量が多く、全体の7割は渋柿です。ですが、通常の脱渋処理(渋抜き)を行うと柿が軟化しやすくなります。
甘柿はそもそも渋くない柿なので脱渋処理が必要なく、軟化しにくい柿です。また、紀ノ川柿は樹上脱渋をしていますが、軟化しにくく富有柿のような食感が味わえる柿です。当会では甘柿系の「新秋柿」と「富有柿」、樹上脱渋する「紀ノ川柿」、収穫後に脱渋する「平核無柿」を取り扱っています。

 

柿の歴史
日本人と柿には、古来より深い結びつきがありました。諸説ありますが、下記の原産地は一説では日本と言われており、気候があっていたためか交雑が進み、多くの品種が生まれました。人類が誕生する前から日本には柿があったようで、縄文時代や弥生時代の遺跡からも柿の種が発見されているそうです。奈良時代にはすでに流通していたそうです。また、柿はとても栄養価の高い食べ物であり、昔の人にとって栄養源として貴重なものだったそうです。

 

富有柿はその圧倒的な知名度と抜群の美味しさから「柿の王様」と言われています。また、国の果物(国果)は「柿」とされています(オフィシャルなものではありませんが…)。また、柿の学名は「Diospyros Kaki」と表記され、これはギリシャ語で「Dios(神の)pyros(食物)」という意味があります。
10月26日は「柿の日」です。これは正岡子規が書いた有名な俳句「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」が詠まれた日だそうです。また、多くの品種の柿が真っ赤に熟す時期のため、日本果樹研究連合会のカキ部会によって制定されました。
柿好きと知られている正岡子規は、他にも柿に関した俳句を多く残しています。

 

新秋柿は非常に糖度が高い柿で、果肉はとても柔らかくジューシーさを味わうことが出来ます。また完熟すると果汁が多くなり、食味も大変良い柿です。
雨に打たれると汚染果や軟化するため、基本はハウス栽培を行う品種です。当店で取り扱っている新秋柿もハウス栽培を行っています。加温をすることで他の地域に比べて早い時期から収穫することが出来ます。
渦巻き状の条紋が発生することがありますが、それが熟した証です。普通の柿とは違った食感と甘みが味わえる柿です。

新秋柿

紀ノ川柿については、和歌山県の紀北地方(かつらぎ町・九度山町・橋本市)がほとんどの生産量を占めています。名前の通り、紀ノ川流域で生産されているためです。初めて見た方はその果肉の黒さに驚きますが、黒いのは結晶化して不溶性になったタンニンです。
渋柿が渋く感じるのはこのタンニンのせいですが、渋柿に含まれているタンニンは「水溶性タンニン」で、不溶性になれば渋みは感じませんので安心してお召し上がりください。

紀ノ川柿

平核無柿はかつらぎ町の名産品で、多くの農家さんが生産しています。渋柿は富有柿に比べて生産しやすいという事もあり、昔は富有柿を作っていた農家さんも徐々に生産を移行しています。
脱渋処理をすることで軟化しやすいため、ご購入後はなるべく早くお召し上がりいただける方が良いかと思います。もし軟化してしまった場合は、ゼリーやジャムなどに加工をすると良いでしょう。(加熱後の渋戻りにはご注意ください)

紀ノ川柿
紀ノ川柿1 紀ノ川柿2
平核無柿1 平核無柿2
富有柿1 富有柿2
お問合せ かつらぎ町商工会の住所

2018-2019©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.