Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップを紹介するバナー

和歌山の桃

和歌山県の桃の生産量は全国5位(平成30年度)で、桃太郎で有名な岡山県より生産量が多い県です。(上位は山梨県・福島県・長野県です)
桃は中国原産の植物で、3000年以上前から食用として栽培されていたと言われています。日本に伝わった時期は定かではありませんが、全国各地の遺跡から桃の種が発見されていることから、縄文時代末期~弥生時代にはすでに食用されていたのではと考えられています。記録としては「古事記」「万葉集」などに登場していますが、本格的に栽培され始めたのは明治時代になってからです。

日本の桃の元祖は「白桃」と言われており、この白桃を改良して「白鳳」や「あかつき」などの多彩な品種が誕生しました。一般的には早生種は栽培期間が短くなるため小ぶりで、晩生になるほど大きくて甘くなる傾向があります。

桃を選ぶポイント

  • 左右対称でふっくらときれいな丸みがあるもの。柔らかくなったものや果皮が黒っぽくなったものは避けましょう。
  • 張りと重量感、縫合線の深さは浅い方が良い。小さい物より大きい物の方が管理の手が行き届いていることが多く、食べ応えもあります。
  • 一般的に赤い桃は果皮が鮮やかな赤色で全体にしっかりとうぶ毛があるかも確認します。熟してくると甘い香りがしてくるので、香りの有無も確認しましょう。
  • 果皮の色の濃い部分にそばかすのような白い斑点(果点)があるものは甘みが強めと言われます。
  • 軸周辺の果皮が緑色のものは未熟な状態です。果実が固くてあまり色づいていないものは、涼しい常温でしばらく置いて追熟させると良いです。
  • 「清水白桃」などの白い桃は、全体がきれいなクリーム色の物を選ぶと良いと言われています。
  • 「黄金桃」などの黄色い桃は、果皮全体が鮮やかな黄色で、みずみずしさを感じるものを選ぶと良いです。
     
あら川の桃
満天桃
 
あら川の桃 満天桃  
桃で有名な紀の川市桃山町から
お届けします
ニードル農法で育てた特級品を
桐箱に入れてお届けします
 
4,200円~6,600円(税込) 6,480円(税込)  
     
お問合せ

2018-©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.