和歌山県伊都郡かつらぎ町、天野の里づくりの会からの便り。
タイトルをクリックすると記事へ移動します。


昨日は、町石道の保全活動でした  2016/11/21(月)
手打ちそば体験  2016/11/10(木)
そばの刈取り  2016/11/08(火)
さつまいも収穫祭ヾ(*´ρ`)ノ゛  2016/11/08(火)
火入れ式が行われました  2016/11/08(火)


昨日は、町石道の保全活動でした

山歩きがブームです。この町石道も世界遺産に登録されてから、沢山の皆さんに祈りの道として愛されています。この町石道の天野地内については、県からの委託を受け、毎月の見回りと、倒木等の事故があったとき、里づくりのメンバーと地内神田地区の皆さんで清掃除去作業を行っています。昨日は、六本杉から笠木峠までの間の清掃作業を行いました。草が茂って歩きにくくなっているところの草刈りや、一見美しい場所でも見上げれば枯れ木がかぶさってきているなど、気づかないところでの注意箇所があります。それらを点検しながら作業を行ってきました。自然環境は管理しきれません、山歩きの皆様も十分危機管理意識を持ちながら、自然と共存していただけたらと思います。山道を歩くときには、下ばかりでなく上ににもご注意。by孝大
Date: 2016/11/21(月)


手打ちそば体験

11月10日、ゆずり葉にて天野の里づくりの会 手打ちそば体験が開催されました。
講師は天野の里づくりの会 谷口会長です。
毎年なじみの顔もいらっしゃったようですね。
いやぁ、おいっそうですヾ(´ρ`)ノ゛
私は写真撮影しただけですが、当嫁ともどもおそばと天丼をおよばれいたしました
ごちそうさまでした!(人>u<。)

なお、手打ちそば体験にご興味のある方は、天野の里づくりの会まで。
http://www.katuragi.or.jp/amano_satodukuri/

協力隊(ど)
Date: 2016/11/10(木)


そばの刈取り

 11月4日(金)天野の里づくりの会 そば刈取りが行われました。
 そば栽培に関しては、私にはまったく経験が無いので、楽しみにしておりました。が、日照不足が原因なのか背が低く、今年は不作のようです。畑を見て「あぁ....」という感じでした。
 今回もヤンマーさん協力により、男前のお兄さんが運転するコンバインにて刈取りが行われました。
 稲のコンバインとは違い、前方に「かご」のようなものを回転させてソバを引きこんで刈り取っていきます。
 今回はやることが無いので見学とブログ用写真撮影のみとなります。
 そば畑はほかに4枚ありますが、私用で実家に帰る予定があるのでここまで。ではまた!
 協力隊(ど)
Date: 2016/11/08(火)


さつまいも収穫祭ヾ(*´ρ`)ノ゛

 10月29日(土)に天野の里づくりの会によるサツマイモ収穫が行われました。
 生憎、前日の雨によって土がドロドロの状態でした。
 そういえば、伊藤忠商事様企業のふるさと、区民運動会と雨に見舞われております。うーん。スカっと晴れてほしいですな。

 それではまずは、芋づるの撤去。マルチのシートから出ているつるを切っていきます。が、私が畑に到着したときにはほぼ切り終わっていました。
 マルチてなんぞや?と思った方、ぁゃιぃ商売ではありませんよ。マルチとは、黒や白や透明などのポリプロピレン製シートでウネを覆い、地中保温したり土の乾燥を防いで作物の生育をよくする栽培方法のことです。
 続いて、マルチの撤去です。留め具を抜きつつマルチを丸めていきます。雨のおかげでドロドロです。
 そして、文明の利器ユンボー登場。イモを掘り起こしていきます。おぉ!早い!!便利!
 あとは人力にてイモをホジクリ出します。これがなかなか一苦労。水分の多い土が重くて手で掘るには相当力が必要です。
 しかし、ユンボーのおかげで短時間で終わってしまいました。あれ、おわっちゃったね.... と思いきや、もう一つ畑がありました!しかも、こっちのほうが大きいΣ(゜д゜;) マルチ長っ!

 気を取り直して、再び収穫に入ります。
 堀残しが気になったので、今回は念のため車に積んでおいた文明の利器、備中鍬登場させました。うん!いい感じ。腰痛いけど。
 さすがに午前では終わらないので昼食をとります。お弁当ありがとうございました。ごちそうさま!
 そんなこんなで、3時ごろには収穫も終わりました。
 参加された方おつかれさまでした。

 良いイモは焼いも向けなどに出荷されます。
 傷のあるイモはみなさんで分けました。私もたくさんいただきました。ありがとうございました。

 最後になりましたがこの場を借りまして、みかんの差し入れをくださいました刀工の浜川さんありがとうございました!

 協力隊(ど)
Date: 2016/11/08(火)


火入れ式が行われました

天野に移住してくれました刀鍛冶濱川君の鍛冶場の火入れ式が、この6日、午前10時から厳かに行われました。丹生都比売神社丹生宮司による神事の後、炉に火が入れられ、真っ赤に焼けた刀鉄の初打ちがされました。本人、月山師匠、来賓の井本かつらぎ町長、岡本九度山町長はじめ、刀剣協会会長、招かれた皆様も初打ちを体験させていただきました。一振りの日本刀が出来上がるまで、約8か月もかかるとか。刀匠として活躍されますよう臨席した皆が祈念しました。話題は変わりますが、蕎麦の刈り入れ終わりました。今年は生育を心配しましたが、収穫量は昨年並みで良し。ほっと一息。12月には、蕎麦イベントを開催します。by孝大
Date: 2016/11/08(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

│ 里づくりの会ホーム │
026155
[TOP]