和歌山県伊都郡かつらぎ町、天野の里づくりの会からの便り。
タイトルをクリックすると記事へ移動します。


ハナモモが満開を迎えます  2021/03/26(金)
竹パウダーづくり  2021/03/11(木)
「高野参詣道町石道原状復帰計画」にボランティア参加  2021/02/15(月)
さつまいも収穫  2020/10/20(火)
蕎麦播き  2020/09/03(木)


ハナモモが満開を迎えます

「花モモの丘」が満開を迎えつつあります。
現在は6〜7分咲きですので、週末はちょうど良いかなと思ったのですが、どうやら雨模様で残念です。。

ハヤモモは観賞用の品種で、小さい実がつきますが、食用にはなりません。
まさに今が一年のピークにある花です。

ハナモモが咲いたということは、桜ももうすぐです。
天野にもようやく春がやってきました。

少し時間を取って多様な自然を観察してみると、思いもよらない発見がたくさんあります。

天野の里へお越しの際は、是非ゆっくりと過ごされて下さい。


協力隊 ながた


Date: 2021/03/26(金)


竹パウダーづくり

先日、竹藪から竹を切り取り、竹パウダーへの加工を行いました。

竹をチップにした後、更に写真の機械でパウダー状にします。

竹パウダーは、畑の土壌材や、「天の竹ぬか床」の材料に使用します。
竹パウダーを混ぜたぬか床は発酵が早く、しかも通常より少ない塩でぬか漬けができます。
きゅうりの場合は約1日で漬かります。

塩分控えめ、匂い控えめ、食感もしっかりめのぬか漬けができますので、マヨネーズに混ぜてタルタルソースを作ってもよく合います。

「天の竹ぬか床」は産直「ようてって」や「ゆずり葉」にて販売しております。
是非一度お試し下さいませ。


協力隊 ながた
Date: 2021/03/11(木)


「高野参詣道町石道原状復帰計画」にボランティア参加

2月13日(日)、町石道の毀損箇所の復旧ボランティアに参加しました。

約25名程のボランティアとかつらぎ町教育委員会の方々で、121〜123町石間の毀損箇所3か所の盛土と倒木処理を行いました。

ニツ鳥居から約340袋の土嚢袋を運ぶという地道な作業でしたが、参加者全員で作業することで、予定より早く作業完了することができました。

復旧計画を立てるにあたりご尽力された方々、当日ご参加された方々、皆様ご苦労様でした。

協力隊 ながた
Date: 2021/02/15(月)


さつまいも収穫

昨日の雨が嘘のような秋晴れの中、さつまいもの収穫を行いました。

品種は「紅はるか」。
竹パウダーを混ぜた土壌で栽培されたお芋さんたちは、甘さ増々で、干しいもにすると絶品です。

これから加工され、来月頃には里づくりの会の大人気商品「干しいも」が販売されます。

味覚の秋というだけあり、天野産の野菜もグッと味が濃くなってきました。
秋野菜や「干しいも」は丹生都比売神社駐車場前の産直「ようよって」で販売されています。

天野に来られた際は、是非お立ち寄り下さいませ。

協力隊 ながた
Date: 2020/10/20(火)


蕎麦播き

先日、蕎麦播きを行いました。

天野は寒暖差があるため、毎年美味しい蕎麦ができます。
あとは台風の季節を乗り越え、無事収穫できることを祈るばかりです。

11月頃になりましたら、畑いっぱいに白い花が咲き誇る美しい光景が見られます。
三谷坂ウォークの天野への入り口付近に、ちょうど蕎麦畑がありますので、是非一度歩かれてみて下さい。


協力隊 ながた
Date: 2020/09/03(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

│ 里づくりの会ホーム │
053805
[TOP]