川上酒造りをはじめ、かつらぎ町の産業、文化、歴史を探る体験型学習施設。

川上酒かつらぎ文化伝承館全景

 川上酒とは、江戸時代の半ば300年前から、紀ノ川の上流で作られた風味豊かなお酒。
  その昔から、万葉の里の大和街道に沿って、酒蔵16軒が東西にいらかの棟を並べていました。仕込み唄が寒風を突いて朗々と響いたお酒の本場かつらぎの町でした。
  美しいお水とお米が醸し出した芳醇な川上酒は、遠く大阪・京都・東京まで送られ、その名声は全国津々浦々に聞こえていました。
  今も天下逸品の地酒「川上酒」をどうぞ・・・。

紀州の殿様が奨励した木綿・・・大谷がすり・藍染め縞木綿をはじめ、かつらぎ八景の名所・・・万葉の歌枕「妹背山」・名物くし柿あんぽ柿の数々を一堂に展示し楽しく体験できる、かつらぎ町の歴史文化の発信ステーション・生涯学習センターです。

1MAGIC.jpg (10803 バイト)

1GIORA.jpg (9525 バイト)

1DOUGU.jpg (10442 バイト)

川上酒マジックビジョン かつらぎジオラママップ   川上木綿道具

●●●●● ご利用案内 ●●●●●

開館時間 
午前9時〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)

休  館  日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
国民の祝日の翌日・年末年始

入館料金

2000年4月より無料になりました。